痛風の症状を改善する|バランスの取れた食事で病気予防

家族

特徴や豆知識の情報

男性

風が吹いても痛いことから名付けられた痛風という病気は、現在その患者の数が増えているといわれています。特に食事など生活習慣の乱れも影響していると考えられています。だから痛風の発作が起きた場合、食事とアルコールを控えれば大丈夫だろうと思っていても、それだけでは治療としては十分でない場合もあります。痛風という病気の特徴をしっかり理解して、医師の指示に従って適切な治療を行う必要があります。痛風で特徴的なのは足の関節炎ですが、これは一症状にすぎないことを知っておきましょう。関節炎にも対処しなければなりませんが、腎臓への影響にも注意します。尿酸がたまって発作を起こしますが、その尿酸が腎臓に沈着して起きる障害にも注意しなければなりません。そのほかにもメタボリックシンドロームにも注意する必要があります。

痛風発作は体の中に溜まりすぎた尿酸が、悪い影響を与える病気です。痛風を予防するためには、体の中の尿酸値を下げる必要があります。そのためには尿酸の性質を知っておき、それを食事に生かすことが大切です。尿酸は尿が酸性に傾いていると溶けにくい性質があります。そうなると尿路結石の原因となり、激しい背中の痛みや血尿を伴うことがあります。薬を使っての治療もありますが、日常生活でも食事の工夫が必要となります。野菜や海藻、牛乳などのアルカリ性食品は、尿をアルカリ化する性質があります。その結果尿酸が溶けやすくなり、余計な尿酸が尿から排出されやすくなります。そのためこのような食材を、普段の食事に積極的に取り入れる必要があります。